自動車会社の期間工として働くメリットとデメリット

自動車会社の期間工として働くと給料がかなり高い、お昼に社員食堂に行きたくなる、期間を延長してもらえることがあるなどがメリットです。日本の自動車会社は毎日沢山の車を日本だけでなく、世界でも販売していることから、常に仕事が豊富にあります。そのため、昼間だけでなく夜も車を作るために働けるので、給料はどの業種よりも高めになっています。夜勤で働いた時は、日勤よりも3割近く時給が高いので、夜勤専門の期間工として働くのも悪くありません。

ただ、日勤として採用された時は、夜勤で働くには上司の承諾が必要なので注意です。話を通せばすぐに許可してくれるので問題ありません。あと、社員食堂のメニューはどれも格安で、味も良好な物ばかりです。なので、自然とお昼になるのが待ち遠しいと感じるようになります。

沢山働けばその分、身体が疲労を認識してお腹が減ってくるので、お昼が美味しいのは自然の流れと言えます。また、働きぶりが真面目で手離すのが惜しい人材と上司が判断した際は、期間工としての任期を延長してくれることがあります。その時は、嬉しくて小躍りしたくなる気分かもしれません。デメリットは寮に入っていると家族が恋しくなる、仕事が疲れやすいなどです。

寮に入っていた時は、家族の顔が頭に浮かび、仕事が手につかなくなる場合があります。ホームシックにかかっているので、すぐに家族へ電話を入れましょう。家族の声を聞けば、悲しい気持ちはすぐに消え去ってくれます。あと、最初は仕事が疲れやすくて、きついと考えてもおかしくありません。

徐々に身体が慣れていくので、仕事をしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です