期間工求人の特徴とメリット

期間工求人は、雇用契約期間が限られているのが一つの特徴です。数か月が基本単位とされていることが多く、更新がしやすくなっています。更新が前提で採用される例もあります。そして、最長の契約期間は、非正規として扱える2年11か月です。

それ以後は、ある程度期間を空けないと、再度同じところで働くことはできません。ただし、別の会社に期間工として働くことは可能です。このような特徴を有する期間工求人で、デメリットが大きいと感じる人も多いでしょうが、それを補うだけのメリットはあります。まず、支給される手当が多いことです。

契約期間を勤め上げれば、満了金が支給されます。また、残業があれば残業代が支給されますし、夜間に働く場合はその分の手当てもあります。配属先は選ぶことができませんが、残業が多いラインに配属されれば、ガッツリと稼ぐことが可能です。もう一つのメリットは、生活場所が提供されるということです。

寮があることが多いので、近くに住んでいない人はそこで生活をすることができます。しかも、たこ部屋などではなく、エアコンやテレビなどがついている個室です。この寮に住む費用は、無料の場合と有料の場合があります。優良の場合でも、付近の家賃相場よりは格段に安いため、負担は軽いです。

その他、水道光熱費についても同じような扱いとなっています。補助が多く、使う生活費も少なくて済むため、期間工求人は実際の収入よりも可処分所得が多くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です