期間工の求人が行われる製造業について

製造業の現場において必要なタイミングで必要な労働力を確保することができるということが大きな意味があります。高い競争力を維持するためには人件費のコントロールも必要であり、需要と供給の変動に合わせて労働力を調整することができる仕組みが求められています。そのための仕組みとして広く利用されているのが期間工と呼ばれる求人の存在です。期間工とはその名称が示しているとおり一定期間に限定した雇用契約を結ぶ仕組みを持っている労働契約です。

各企業の工場などの現場によってその詳細は異なりますが、多くの場合雇用された段階で雇用解除の日程が明確に決まっているケースがほとんどです。状況によっては雇用継続となる場合もありますが、原則として一定期間で雇用契約が自動的に切れる仕組みを持っているのが期間工の特徴です。その期間は比較的短期のものからある程度長期のものまで幅広く存在していますが、求人の中では比較的賃金面には魅力のある雇用体系となっていることが少なくありません。いわゆる非正規雇用の求人になるため、正規雇用を希望する人にとっては対象外となる場合が多いですが、地方からの出稼ぎ労働者にとっては魅力的な条件を満たしている場合が少なくありません。

通常の短期契約に比べて賃金面などの待遇が優れている場合がほとんどですし、契約期間中の生活の場の保証等が行われるケースが多いのです。期間工専用の量などが完備されている工場の場合には、非常に魅力的な職場として受け入れられている背景があります。製造業の現場の労働力の調整のための調整弁として期間工の仕組みが活用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です