期間工のメリットとデメリット

期間工のメリットは、いくつかあります。まず第一に給料がいいことです。学歴などが関係なく仕事につけるだけでなく、給料もそれなりにいいため、貯金をしたい方にはメリットとなるでしょう。また、勤務時間外では特に仕事のことを考えずにすみ、自分の時間をゆっくりと過ごすことができるのもメリットといえるでしょう。

その他にも、寮で生活することになりますが、企業が寮での家賃、光熱費などをある程度サポートするため、生活費を抑えることできます。生活をうまく切り詰めることにより、貯金もそれなりの額貯めることができるでしょう。また、仕事に関しては初めてやる作業は慣れるまで大変な場合もありますが、大半の作業が単純作業であり、技術的になにか必要というわけでもないため、慣れてしまえば、作業が楽に感じるようになる方も多いといわれています。期間工の場合には、仕事の後で飲み会などをしたりすることもあまりないため、人付き合いが苦手な場合には、期間工はおすすめです。

期間工においてのデメリットとしては、自分で配属先を選ぶことができない点です。どのような仕事内容か、一緒に作業する同僚や、自分の上司にあたる人は、配属されるまでどんな状況や人が集まっているかはわかりません。配属先により、作業内容が違い、また忙しさなども違いがあるため、お金を貯める目的で期間工にいったわりには、残業代が稼げなかったという方も中にはでてくることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です