期間工として働くメリット

多くの人が、期間工として、自動車メーカーや部品メーカーで働いています。正社員と比べると待遇面では落ちますが、メリットもいろいろとあります。1つの大きなメリットは、精神的に気が楽だと言えるでしょう。正社員であれば、管理職でなくても、一定の責任があり、それなりの管理と指導する立場にあります。

もちろん期間工であっても、仕事に対して責任感は必要です。しかし、どちらかというと、言われたことを忠実に実行し、淡々と仕事をこなすことが期間工には求められています。それ以外のこと、例えば納期や組織の問題など、悩む必要はありません。人間関係に関しても、あまり悩む必要がないのもメリットです。

単純な仕事を言われた通りにし、雇用の期間が終われば、また異なる場所で働きます。例え問題がでたとしても、正社員と異なり、何ヶ月か我慢すれば契約は終了します。最悪の場合は、そこを直ぐに辞め、別の場所で働けば解決できます。その日の仕事が終われば、自由な時間を得られるのも非常に魅力的です。

人間関係の付き合い、特に上司などとの付き合いもなく、気軽に過ごすことができます。貯金をしやすい環境であることも、メリットです。もちろん、正社員と比べると待遇面は落ちますが、あまりお金を使う機会がありません。その理由は、平日は工場と寮、そして売店くらいしか行きません。

休みの日でも、工場が町から離れていれば、あまり無駄使いしません。以上のように、期間工は待遇面では正社員よりは落ちますが、様々なメリットもあります。静岡の期間社員のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です