派遣の期間工の求人と直接雇用の違い

期間工求人をこれから探すなら、それぞれの各メーカーと直接契約をするのか、派遣社員として働くのか、このどちらかを先に決めておきましょう。ここでまず派遣とは何かを明確に覚えておく必要があります。一般的に派遣という形態をしっかりと説明出来る人は意外と少ないものであり、これは要するに派遣という会社に自分が在籍をして、その会社から働く現場へ派遣されるという形になります。ややこしいのが雇用主は誰なのかという点ですが、これはもちろん現場ではなく派遣会社が自分の雇用主となります。

派遣される工場は単に働く場所であり、その工場から見ると仕事をするためにやってきてくれた助っ人というニュアンスです。工場の会社から派遣会社を見る場合、又は派遣会社から工場の会社をみる場合はお互いにビジネスパートナーという事になります。上記のようにしっかりと派遣とは何かを覚えておきましょう。直接雇用される場合はもちろん契約社員でも、契約をしている限りはその会社の社員となって働くことになります。

どちらの雇用形態から期間工求人へ応募するにしても、現場で仕事をする時は派遣だから仕事が楽になるなど、そうしたことはありません。しかし、待遇として派遣のスタッフは自社の社員ではないということから、扱いが丁寧なことは良くあります。これは乱暴な扱い方をすると会社と派遣会社の関係が悪化するためです。期間工求人を探す場合はどちらが良いのかを考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です