契約社員の雇用更新に関する注意点

契約社員とは、正社員とパート及びアルバイトの中間的な存在とされています。業務内容は正社員が行う仕事を、契約期間を定めて行うことになります。また、労働時間については正社員の就業時間(残業が多い場合)は短めとなっていることが多いです。契約社員の賃金形態ですが、月給制である場合、時給制である場合が在ります。

時給制である場合は派遣社員と類似したものとなるでしょう。契約社員であっても時給制であることがあったり、ある意味ではパートやアルバイトと変わらないとも言われています。契約社員ですが、契約更新については上限が設けられている場合が在ります。上限が設けられている場合、正社員登用試験を受けることによって労働契約の更新に関する問題は解決できるでしょう。

更新に上限が無い場合については、この雇用形態からパートやアルバイトになったということも決して珍しいことではありません。現在、労働者派遣法の改正によって、派遣社員の派遣先での受け入れ制限が撤廃されました。契約更新に上限が在るかどうかという悩みを気にする人の場合、派遣社員となるのも良いかもしれません。契約社員が、労働契約を更新するかどうかについてですが、求人案内を出した段階でその事が明記されていることも在ります。

募集情報には注意喚起として判り易く表記されていることが非常に多く、これは求人者がトラブルを未然に防ぐことが狙いであることだけでなくて、求職者がミスマッチを起こすことを未然に防止することにもなるので非常に良心的なものとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *