契約社員は正社員よりいいのではないか

契約社員は正社員と比べると一般的に契約更改などがあり、正社員より安定しないイメージですが、現在は正社員といえども能力的に解雇されることもあり、それほど違いがあるのでしょうか。たしかに解雇されづらさでは、正社員に分がありますし、保険、厚生年金等も違いが出てくるのは否めません。自分はシステム業界で就業しており、わりともっているいスキルがわかりやすく評価されるため、契約社員の形態でも労働したことがあります。大企業はわかりませんが、それほど報酬が変わるとは思っていません。

契約社員は、不安定かもしれませんが、逆に自分で契約更改しない選択もあるわけで、だらだら正社員を続けるより、節目があっていいと思います。公務員、一部の大企業以外、定年まで勤められる時代ではないので、大多数の方は思っているより、正社員であるメリットがそれほどないのではないかと思います。家族をもつならば生活の安定が大切ですので、正社員という選択肢は大切だと思います。しかし現在の共働き事情を考慮すると契約社員で共働きもありではないかと考えられます。

実際に正社員であっても育児休暇が額面通りはなかなかとれない現状です。であれば、どちらかが一旦契約を更新せず、仕事にしばられず、ゆっくり育児に専念するのもいいことだと思います。もちろん正社員よりもシビアになる分だけ、再度就業する際にさびてないスキルが必要なのは間違いないところだと思いますが。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *