契約社員は働き方が選べる選択肢の一つ

契約社員とは雇用期間に定めのある社員の事を指します。具体的な仕事内容や契約内容は企業によって様々です。給与体系でも時給換算であったり月給換算であったり、ボーナスや交通費が出たり出たりなかったりします。しかし、「直接雇用」という事で福利厚生の恩恵を受ける可能性は大きく、家族手当等が支給されたり、有給が基準を満たすと取得でき、使用する事が可能です。

製造業での期間工と呼ばれる期間限定社員も契約社員になります。また、定年後嘱託社員として働く際も契約社員と同様です。いずれも正社員とは雇用条件は異なりますが、直接雇用に変わりはない点で企業の施設や福利厚生を利用出来る点は同じです。あたらな試みとして企業がパートやアルバイト社員を格上げさせるために契約社員への道を用意している所もあります。

非正規の従業員のモチベーションを上げる効果があります。契約社員からさらに正社員への道を用意している所もあり、正社員へのステップアップへのチャンスでもあります。転勤はしたくない、決められた期間のみ良い条件で働きたいなど働き方が選べる現代で決められた期間のみ正社員に近い雇用条件で働けるという事は働く人の働き方の選択肢が広がる他、正社員へ目指す為のファーストステップにもなります。期間を全うすれば立派に履歴書にも残す事が可能です。

派遣社員と異なる点は自分自身で企業と雇用面において交渉出来る為、自分を売り込めやすい環境でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *