離職防止は具体的に何をやれば良いの?

離職防止と一言で言っても、それぞれの企業の規模、社員の構成、業務内容・形態によってそれぞれ取るべき手段が異なります。そこでどんな離職防止をしていく必要があるのか、幾つか紹介していきたいと思います。離職防止で重点を置きたいのは福利厚生と社内環境の2つです。人間関係も重要ですが、会社側として大きく打てるのがこの2つ。

それぞれどうして重要なのか押さえておきましょう。福利厚生はここで働こうという意欲を持続させるために重要になります。保養施設がある、勤続何年で連休がもらえる、産休・育休が取りやすい、というのがポピュラーですが、それ以外にも食堂があるというのも意外とポイントが高いです。食堂だと難しいという場合にはパウチの惣菜等が1個100円で購入できるというのも、子持ち世代には人気になります。

共働き社員が多いところでは有効な手立てです。社内環境は文字通り環境整備というだけではなく、社内文化も重要視されています。不衛生な環境で働きたいとは思いませんし、パワハラやセクハラが盛りだくさん、サービス残業も当たり前なところでも働きたいとは思いません。泣き寝入りをしない、きちんと制度が整っているところでこそ働いていきたいと思っています。

昔は働いてもそれだけの見返りがありました。でも今はそんな時代ではありません。働いたらその分の対価がもらえる、そこで働き続けることのメリットがあるところで働いていきたいのです。どんなところなら働きたいかなということを社員目線で考えてみるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *