離職防止のために企業が心がけること

人材の少なさに悩んでいる企業というのは少なくなく、人材不足が深刻化しています。新しい人材が入ったとしても、継続することなくすぐに辞めてしまうという状況に悩まされている企業も少なくはなく、実は求人を懸命にだすことに能力を使うよりも、離職防止に取り組みことで人手不足は解消ができます。職探しを行なう際、多くの場合はすぐに辞めることを想定しているわけではありませんので、働きやすい職場を探されます。その際に注目されるのが離職率です。

企業における離職率を見ることによって、その会社の働きやすさの大きな目安になり、離職率が高い会社を選択する人は少ないのは当然の結果です。そのため、いくら求人を出しても、離職防止に取り組まなくては人手不足はいつまでも解消されることはありません。離職防止を行うための大きなポイントは人間関係を見直すことです。辞職した大半の人は人間関係に悩んでいると言われています。

人間関係が円滑であれば、多くの人がもう少し頑張ってみようという気持ちになります。離職防止のために社員に気を使うというのではなく、意見が言いやすい雰囲気作りを行うことが大切です。上下関係があまりにも厳しすぎたり、年功序列状態であると新人社員はやる気をそがれてしまいます。新人も同じ土台で立っているということを忘れず、しっかりと意見を聞くことが必要です。

また、過度なフレンドリーな対応は必要ありません。親しみやすさい会社を目指して飲み会などを頻繁に行っていると、それがストレスになってしまい辞めてしまう可能性があります。頑張っていることを認め、働きやすい環境を築きつつ、プライベートな時間まで踏み込まないということを意識することが離職防止に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *