離職多発は会社の危機!離職防止する方法とは

早期離職者が多発したり、優秀な社員が退職したりすると、企業にとっては大きな痛手となります。採用活動にはそれなりの費用が発生しますし、離職により人手不足が深刻化すると、経営を続けていくための大きな障害となり、倒産してしまうことも考えられます。社員の定着率をアップさせ、離職防止をすることが会社の安定経営を実現するために重要となるのです。離職防止したい時にやるべきことは、まず社員がなぜ辞めてしまうのか知り、それを改善するということです。

従業員にとってその会社が居心地の良い環境ならば、リスクを負ってまで他の会社に転職しようなんて思わないはずです。社員が転職を覚悟する場合、そこには必ず退職を決意するにいたった理由や、会社への不満があります。給与水準が低い、仕事にやりがいが感じられない、職場の雰囲気が悪くてギスギスしているなど。原因を知らなければ無駄な対策を講じてしまい、離職防止対策が無駄な出費に終わってしまいます。

社内アンケートをとったりし、離職となる原因や課題を知ることが、効果的な離職防止をする上でとても大切です。社員が辞めたいと言ってきた時点で、すでに転職する意志が固まっている場合が多いです。ここまでくると、引き止めに応じてもらえず、高確率で職場を離れていってしまいます。社員のストレスチェックや面談での聞き取り調査を定着化させ、辞めたいと言い出す前に、何らかの対策を講じるようにしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *