離職防止のための取組み

若手の人材育成は、組織にとって最重要課題です。しかし昨今離職率が増加しており、離職防止の取組みも大切です。離職の理由は人それぞれですが、労働条件や組織への帰属意識の他に、仕事へのやりがいや自分自身の成長を実感しにくいという悩みを抱えていることが挙げられます。ワークライフバランスを重視する傾向がある若者にとって、残業時間が多かったり業務がハードだったりする労働条件は、転職の大きな理由になります。

業務改善を積極的に進めていくことが、離職防止につながります。また組織の中の人間関係が円満であることは、帰属意識を高めることになります。上司が部下の相談によくのったり、若手社員同士のコミュニケーションの活性化を図ったりすることが離職防止になるのです。適材適所という言葉通り、自分の個性にあった仕事であれば、当然結果もついてくるし楽しんで仕事をすることができます。

反面、いやいや仕事をしていればモチベーションが下がり、仕事のスキルも向上しないで、転職サイトを閲覧するようなことになりかねません。ジョブローテーションのように、様々な分野での経験を促したり、若手とベテランの組み合わせも期間限定にしてペアをかえてみたりすることも、人材育成につながります。仕事を通じて社会に貢献し人の役に立っているという意識は、自己肯定感や自己存在感を高揚させます。自分自身が働くことで、視野が広がったり人間関係が深まったりすることを実感すると、成長を感じて仕事への意欲も高まるのです。

離職防止のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *