女性の離職防止を防ぐためにできること

女性の離職防止を防ぐには管理職や人事スタッフが、現状を問題点を把握し、職場環境の改善のために話し合うことが必要です。働きづらさの理由をアンケートなどで洗い出し、改善するためにシステムやネット環境を整えます。いいシステムを導入するだけでなく、継続的に維持・改善できる体制も大事。取り入れるだけでなく、無駄を削減することもポイントです。

業務内容や労働条件がよくても、人間関係が悪くても辞める人が多くなります。人間関係の悪化をさけるためには、適切な人材配置やコミュニケーションをよくすることも大切です。すぐには結果がでないかもしれませんが、適切な取り組みを実施していく必要があります。離職率が低く、人材が定着しやすい会社には共通点があります。

有給休暇が取得しやすく、育児休暇もとれること。女性が結婚後に、柔軟な働き方ができるのは魅力です。育児休暇の後に、短時間勤務ができたりテレワークができると仕事との両立がしやすいです。結婚後も働きやすい環境が整うと、離職防止になります。

福利厚生が充実していることは男女ともに、離職防止になります。最近では、副業オーケーの会社も人気が出ていてお給料が増えることで安心できています。子育てをしながら働く人のために、社内保育所や保育費の援助も助かると評判です。社員食堂やお弁当に関する補助も、女性には評価が高いサービスです。

ワークライフバランスがとれていて、残業が少ない会社は勤務しやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *