テレワークと社宅が離職防止に

離職防止を考えている企業は、テレワークと社宅を考えることが大切です。6割以上の社員が、テレワーク導入を導入した企業に印象が良くなった、これからも継続したいと思っています。自宅でのテレワークだけでなく、サテライトオフィスの存在も、社員に人気が高いです。自宅近くのオフィスに通うことができれば、通勤時間が短縮されるからです。

テレワーク普及の影響は、社員だけではなくオフィスの費用の削減にもなります。不動産会社でもテレワークを考えた、一戸建ての人気が上がっています。離職防止を考えるなら、テレワークやサテライトオフィスをとりいれることがおすすめです。さらに社宅でも、テレワークができるような形が摂り入れられています。

会社のいるのと同じように社宅で業務ができれば、離職防止に効果があるでしょう。Wi-Fi環境が充実していたり、疲れない椅子や机があればパソコンを使った作業が心地よくできるからです。しかしデメリットとして、社員同士のコミュニケーションや勤務の実態を把握するのが難しくなります。このような場合は、社員同士の交流を図る環境を用意することが大事。

ネットルーツによって、会議や雑談もスムーズにできるシステムをとりいれましょう。ビデオや画面共用のシステムだけでなく、セキュリティ対策も必要です。管理だけでなく信頼関係を気づくことが、離職防止に大切なことです。いつでも気楽に話しかけられるような、システムをつくることを心がけましょう。

離職防止のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *